Days with Writing, part 2.

手帳、文具、本など好きなものがある日常を綴ります。

iPhone”超”初心者に最適な入門書はどれ<2016年2月版>



   広告    広告

筆者、最近iPadになったとお伝えしましたが、もともと使っていたiPhoneを家族に譲ることになりました。
そこまでは良かったのですが、家族の中でパソコンなどに詳しいのは自分のみ、譲ってもiPhoneを”使う”ことすら危うい。

そうそうまさにこんな感じ↓

www.itmedia.co.jp

この連載は気づかされることが多くて、いつも楽しく読ませていただいています。初心者にも、初心者に教えることの多い立場の方にも両方にオススメです。

 

というわけで、今まで書店で見かけても誰が使うのだろうと思っていた(←失礼)いわゆるiPhoneのトリセツ本を探してみました。

 

  • 2016年最新版 自由自在にiPhoneを使いこなす(日経BPパソコンベストムック)

 

 

1冊目は一番新しいもの。操作の基本と活用の両方が載っているようです。日経BPなので、内容も安心できる気がします。

 

 

 

 

iPhone きほんと使いかた iPhone 6s/6s Plus対応 (インプレスムック)

iPhone きほんと使いかた iPhone 6s/6s Plus対応 (インプレスムック)

 

 

女子向けになんですが、iPhoneの基本と応用は網羅されている感じ。SNSのやり方や写真のコツなんかも載っているようで、筆者の役にも立つかも!

 

 

  • いちばんやさしい60代からのiPhone 6s/6s Plus

 

いちばんやさしい60代からのiPhone 6s/6s Plus

いちばんやさしい60代からのiPhone 6s/6s Plus

 

 

「シニアのための入門書」というだけあって、apple IDの取得からのっているようです。基本操作を丁寧に解説しているようですね。

 

 

ということで3冊選んでみました。

選び方としては、基本操作(電話、メール、メッセージ、インターネット検索、写真撮影など)だけで良いのか、ナビアプリやSNSの使い方まで含めた説明がいいのかなど目的別に選ぶのがいいと思います。

ちなみに筆者の機種はiPhone5Sですが、iOSの最新9を入れる予定なのでiPhone6用の本でも大丈夫だろうと思っています。

筆者の家族の場合、ナビアプリやSNSを使いたいとのことなので、活用までのっている本が良いかなと思っています。


では、だいたい絞り込めたので、これから書店に行ってきまーす!