読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Days with Writing, part 2.

手帳、文具、本など好きなものがある日常を綴ります。

トモエリバー紙と鉛筆か、それとも万年筆か<ほぼ日手帳>



   広告    広告

シャープ替芯 ネオックスグラファイト(neox GRAPHITE)【0.3mm/2B】 HRF3G2

 

筆者はほぼ日手帳には鉛筆派なのですが、なかなかほぼ日手帳にシャープペン、鉛筆を使っている方って見かけないのです。

最近は、ほぼ日手帳には上記のグラファイト2B、0.3mmシャープを使っています。

実は水色カクノに浮気していたのですが、インクが切れてしまったのです。田舎在住なので、やっぱり予備を持っておかないとダメですね。

 

kakuno/万年筆・カクノ F細字【ソフトブルー】 FKA-1SR-SLF

kakuno/万年筆・カクノ F細字【ソフトブルー】 FKA-1SR-SLF

 

万年筆カクノは、トモエリバーとの相性がとてもよくて、使った時にはそのなめらかさに感動しました。

裏抜けもそこまでありませんので、鉛筆(シャープペン)から浮気をしちゃうほどでした笑

万年筆だとインクがスルスル出るので、筆に近い感じがしますね。絵をかいても(下手ですが)なんだかさまになるのです。

 

一方、鉛筆はインクが乾く時間を待たなくていいし、トモエリバーに書くとかすれや汚れもほとんどないところがお気に入りです。さらに細かい字でもつぶれませんし、なにより速記に強いですね。

 

雑記帳のオリジナルにはスルスルかけるカクノか、それとも書きなぐっても大丈夫な鉛筆か、いつも迷ってしまいます。

 

いい気分で使える筆記具と手帳があれば、書きものをするには最高ですね。

厳選したペン達と過ごす手帳時間は至福です。

 

他の方のブログ

この方もアナログメモに鉛筆と万年筆の両方を使っているようです。

アナログメモには万年筆と鉛筆 | mylifelog

 

関連記事

前のブログでも記事を書いていました。

[ほぼ日手帳]トモエリバーと鉛筆(シャープペン)♪ - 書きものと日々

パイロット万年筆カクノ、試し書きしてみました - 書きものと日々