Days with Writing, part 2.

手帳、文具、本など好きなものがある日常を綴ります。

PHPスペシャルがつらい、苦しいときに効く<2015.9月号 気にしない練習>



   広告    広告

f:id:anzdaifuku:20150826003028j:plain

 

あんずだいふく(ID:anzdaifuku)です。

 

PHPスペシャルという月刊誌、知っている方おられますでしょうか。
スーパーの雑誌コーナーでもときどき見かけます。
でも、若い方は手に取ったことがない方、多いのではないでしょうか。
中身は優しくて、心が楽になるような雑誌なので、ぜひ手にとってもらえることを祈って、記事を書いてみようと思いました。

 

内容は女性向け(男性の方ごめんなさい)、読者層は幅広いようです。

 

PHPは新興宗教とかではありません。

PHP研究所松下幸之助によって1946年に創設されました。

PHPとはPeace and Happiness through Prosperityという英語の頭文字をとったもので、“繁栄によって平和と幸福を”という意味のことばです。これは、物心ともに豊かな真の繁栄を実現していくことによって、人びとの上に真の平和と幸福をもたらそうというPHPグループの願いを表わしたものです。

www.php.co.jpより

 

今月号は「気にしない練習」がテーマ。

どうしても人の目が気になってしまうことってあると思います。

人にこう思われたら嫌だな、とか、自分だけこうだったから、とか。

それってとても繊細で、他人を大事にできる人ってことなんですよね。

でもそれで自分が倒れてしまったら元も子もない。

だから、気にしすぎの人は、人より自分、自分の気持ちを優先しよう、現実をみて、事実確認できる人になろうっていうのが今回のテーマでした。

 

筆者も気にしすぎのところって結構あって、もっと自分に素直になってみようと思えました。

 

手帳をよく書いている人は、自分と向き合うのが上手な人が多いと思います。

そんな中でも悩みにはまることってたくさんあると思うので、そんなときに読むサプリとしておすすめです。

筆者もよくお世話になっている雑誌の一つです。

 

優しさに溢れている雑誌だと思うので、読んだことない方はぜひ一度手に取ってみてください。

 

PHPスペシャル 2015年 09 月号 [雑誌]

PHPスペシャル 2015年 09 月号 [雑誌]